たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

B寝台で行こう

東京に住んでいた頃は、実家に帰るときよく寝台列車サンライズ出雲号を利用していました。
最近、寝台列車は廃止か高級化して観光用として復活させる傾向のようですが、サンライズ出雲号はまだ現役の足と言っていいと思います。

サンライズ出雲号は、東京〜出雲間を結ぶ寝台特急で、途中、岡山でサンライズ瀬戸号と分離、または連結を行います。
サンライズ出雲号は山陰に向かい、サンライズ瀬戸号は四国に向かう(もしくは2つが連結して東京に向かう)のです。

サンライズ出雲号が画期的だったのは、B寝台が完全個室になったことです。
以前の出雲号のB寝台は、2段ベッドにカーテンが付いているだけだったので、プライバシーや安全面に多少注意しなければなりませんでした。

サンライズ出雲号のシングル(B寝台)は、2階建ての鍵付きドアになりました。
広さは、カプセルホテルぐらいじゃないかと思います。
立ち上がることはできませんが、ベッドに座ってゆったり外の景色を眺めることができます。
東京駅を出発するのが午後10時ジャストなので、外は暗いですけど、朝になればワイドな窓で、朝靄のかかった起き出す前の街や山の中を走り抜けていく様子が見えます。

車内にはシャワー室があるし、無料のラウンジもあるので、同行者とおしゃべりしたり、軽く飲んだりすることもできます。
ただし、車内の自販機にアルコール類はなかったと思うので、持ち込みになります。

寝台列車は乗り込むまでのワクワク感が、他の交通手段と比べて5割増しぐらいはあるんじゃないかと思います。
軽い逃避行チックというか、夜も遅くなってから東京駅を滑り出し、夜景を眺めながらビールを飲んで田舎に向かうと、なんとなくほっとしたものです。その頃東京周辺は、まだ通勤電車が帰路につくサラリーマンでごった返す時間帯なので、お疲れの方が多いような気がしました。

A寝台とかもっとゆったりした個室だったりするし、束の間の休息がてら小旅行でもお薦めしたいなと思います。
少し値ははりますが。
やはり寝台列車の求められる役割は、時と共に変わりつつあるのかな。