読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

間違いというバッファ

最近、僕は些細なことで落ち込むようになった。

Feedlyが更新を読み取らないとか、Facebookの友だち申請で承認をもらえないとか。(後者はダメージ大きいか・・・)

そういうのが、地味にダメージになって、結局、MacBookProのメンテナンスに走ったりするものなのです。

きれいにクリーンアップして、修復するところは修復し、ゴミ箱を空にして、再起動。

買ったばかりの頃は、うちのMacBookProの起動はとても速くて感動したものですが、最近は、どうにも遅っ・・・。

 

不安定な状態を放置するのは身体的にも精神衛生上もよくないので、私たちはシステムを見直すわけですが、しかし、不安定で柔らかいもの、壊れやすいものだって、なんらかの意味を持っているはずです。

そういうものがなければ、システムは突然、危機的なクラッシュを招くはずだからです。

人間の日々溜まっていく小さな悩みにもそういう役割があって、危機回避のためのバッファ(緩衝器)みたいなものではないかと思います。

 

もっというと、間違いを思うことすらできなかったら、考えることができなくなるはずなのです。

間違いは間違いだから、現実問題としては、目に見える利益はおそらくありません。

正しい行動をとった方が、生存確率は高まると思います。

正しさとか、確率とは、そういうものです。

しかし、間違いはおそらく正しさとは違った役割を担っているはずなのです。

個体としてではなく、種の保存のための生存戦略みたいなものでしょうか。

たとえですが。