読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

橋の上からの劇場  トーマの心臓、うる星やつら、3月のライオン

先日、『うる星やつら』を久しぶりに読んでいました。

そこで、おや?と思ったのが、三宅しのぶの髪型でした。

ちょうど『トーマの心臓』も読みかえしていたので、なんか似てると思ったのです。

三宅しのぶの髪型が似ていたのは、なんとトーマ・ヴェルナーでした。

どうやら『うる星やつら』は『トーマの心臓』を意識していたようなのです。

 

なんか嘘みたいでしょ?

では、核心をつく写真をごらんにいれましょう。

 

f:id:yokukita37:20151205032535j:plain

 

これは『トーマの心臓』の冒頭のシーンです。

物語がここから始まります。

 

そして、いささか趣を異にしますが、

 

f:id:yokukita37:20151205031826j:plain

 

三宅しのぶではなく、諸星あたるが、錯乱坊に橋から突き落とされていますね(笑)

微妙にトーマと違っていますが、こちらもやはり冒頭のシーンです。

似てるっちゃあ、似てますよね。

 

発見したときは、驚いて笑っちゃいました。

どちらも若いときに熱心に読んだマンガなので、感慨深いものがあります。

 

そして、もしや、と思って本棚から取り出したのが、こちら。

 

f:id:yokukita37:20151205032049j:plain

 

じゃーん、『3月のライオン』の1巻の表紙です。

 

なんかすごくないですか?

このように連綿たる系譜が、他にもたくさんあるんだろうなぁと想像します。

 

若いころ根なし草を自称しいてた僕からすると、とてもうらやましい世界です。

根はないんじゃなくて、はやすものなんですね。