たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

ボトルネックの不思議

ボトルネックということばを聞いたことがあるだろうか。
ビジネス書のタイトルで、ボトルネックを解消しなさい的なものがあったら、それはこういうことだ。

音楽のオーディオシステムをイメージしてほしい。
単純なところでは、iPhoneにイヤホンを指しただけでも、それはそれでひとつのオーディオシステムだといえる。
音楽ファイルとiPhoneとイヤホンから構成されるシステムであり、ひとつでも欠けると音楽を聴くことはできない。

それを踏まえたうえでなのだけど、よりよい音を楽しもうとしたとき、より高品質なパーツを購入しようとしないだろうか。
先程の例でいえば、イヤホンを上位機種にすれば、音がくっきり聴こえたり、低音に迫力がでたりするようになる。

それは間違いではない。
だが、ボトルネックというのは、それとは逆の現象なのだ。

少し例を複雑にしてみよう。
iPhoneとイヤホンの間に、ポータブルアンプをはさむとする。
そのときiPhoneとポータブルアンプはケーブルで繋ぐのだけど、仮にケーブルが傷んだものだったとすると、オーディオシステムは傷んだケーブルに合わせるはずだ。
いくらいいものを揃えても、傷んだケーブル一本で、音が出ないことだってある。

単体でいくらスペックの高いものが揃っていても、システム全体は最低のスペックのパーツに合わせてしまう。
これがボトルネックの考え方だ。
音楽マニアにケーブルやプラグにこだわる人がいるのも、たぶんそういう理由だ。

だが、少し不思議に思わないだろうか。
これだとスペックの高いパーツに交換しても、今までと変わらないことにならないだろうか。
最低のスペックのパーツをピンポイントで交換しない限り、システム全体のパフォーマンスは上がらない・・・

でも実際はそんなことない。
システムの中でパーツの受けもつ役割が違ったり、パーツの未稼働の潜在能力があるからだと推測するが、いかがだろうか。