たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

「疾走する悲しみ」の意味論

モーツァルトの曲を評して、「疾走する悲しみ」といわれることがあります。

ピアノソナタ第8番やピアノ協奏曲第20番とかは典型だと思います。

この二つの曲に共通するのは、モーツァルトには珍しく短調の曲だということがあります。

短調はもの悲しく聞こえます。

同時にピアノはすごいスピードで駆け抜けていきます。

モーツァルトが時にデモーニッシュ(悪魔的)とか「疾走する悲しみ」といわれるのは、そういうところなのかなと思います。

 

時を経て、歳を重ねていくうちに、取り返しのつかないことばかりが増えていく、というようなことが『銀河英雄伝説2』に書いてありましたが、中年になるとこれがとてもよく分かります。

あっという間です。

ああしていれば、こうだったら、という仮定法の山です。

 

音楽が時間芸術といわれるのは、過去をぱっと現前化してしまうことだろうと思います。

そういう意味では「疾走する悲しみ」というのは、人生と音楽の本質をついた表現なのかも知れません。

 

しかしパラレルワールドのように過去それ自体が存在するわけではありません。

人生は一回きりなのです。

もちろん、たとえば音楽の世界に楽譜があるように、過去の痕跡は存在します。

あらゆる記憶や記録も、痕跡です。

過去とは記憶の再構成じゃないかと思うのですが、それだったら現在、今も同じことじゃないでしょうか。

音楽の音色が現れるやいなや消えてしまうように。

哲学的には不在の現前といい、不可思議な逆説の一つといわれています。

ひょっとしたら「疾走する悲しみ」は、どこにもない世界を走り続ける私たちの生き写しなのかもしれません。

 

 

 

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(日本独自企画盤)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(日本独自企画盤)

 

 

Argerich / Abbado: Complete Concerto Recordings

Argerich / Abbado: Complete Concerto Recordings

 

 

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)