背のびして、崩壊した娘たちの再生の物語。『MOMOIRO CLOVER Z』1

2019年5月17日、ももいろクローバーZの5thアルバム『MOMOIRO CLOVER Z』がリリースされました。

5月17日というのは、ももクロが結成された日なのだそうですね。

しまむらで買ったももクロの掛け布団にプリントしてあった日付を見て、ググって気が付きました。笑

 

さて、発売からおよそ一ヶ月が経って、だいぶ聴けたと思うので、一曲ずつレビューしてみたいと思います。

たぶん全体的な理解も進んでいると思いますが、少し主観が多めかもしれません。

まだ買ってない人は参考にしてみてくださいね。

 

1.ロードショー

ぼくぐらいの年齢だと、まず思い出すのがジュリアナ東京

こどもの頃、テレビでよく見たなぁ。

正直、バブル景気時代のディスコでかかっていた曲っぽい入りだから、第一印象はあまりよくありませんでした。

今回の記事の主題でもある「崩壊と再生」の前奏曲としてはいいのかもしれません。

いや、そんなものではない。

ジュリアナ東京を差し引いても、おつりが返ってくるぐらい癖になるメロディ。

そして、なんだかおかしな敬語を含む歌詞の面白さ。

オープニングを飾るにふさわしいユニークな曲だと思います。

 

2.The Diamond Four

このアルバムのリード曲と言われている曲です。

ラップ調の曲です。

はっきり言ってハンパな内容の歌詞ですが、それをももクロが歌うとかわいい。

そして、ももクロの歌唱技術の確かさを、改めて確認することができます。

「ついてこい まだ物足りない」

この曲の主題なのか、何度も繰り返されます。

ヒップホップにしては控えめですよね。笑

ちなみに、PRINCESS PRINCESSに「Diamonds」という曲がありました。

あと、犬がかわいいです。

「ここ掘れワンワン、ダイヤモンド」笑

もしかしたら、犬に「ついてこい、まだ物足りない」って歌っているのかもしれません。笑

それか、ももクロが犬目線になって「ついてこい、まだ物足りない」と歌っているのかな?

犬が散歩が足りないってリードを引っ張っているんですかね?

えっ!それでリード曲!

 

3.GODSPEED

メンバーのひとりである、最年長のれにちゃん(高城れにさん)のための曲(れに曲)なんだそうです。

しおりん(玉井詩織さん)によると、数年に一回あることなのだそうです。

ももクロってキャリアが12年目に入っている、息の長いグループなんですよね。

2人の脱退という危機がありながらも、頑張っている。

れにちゃんはリーダーこそ退きましたが、チームを影で支えている感じがします。

この「GODSPEED」という曲なんですが、かつてのSPEEDというグループへの敬意をそこはかとなく感じます。

ももクロを聴き始めてすぐ思ったことですが、れにちゃんはSPEEDのHIROの声に似ています。

特に高い声のとき。

それでれに曲なんじゃないかなぁ。

曲自体は、やや単調なところがありますが、聴き込むと味が出てきて、癖になります。

あと、これは聴く媒体によって違いがありますが、Spotifyで聴くと、「2.The Diamond Four」から「3.GODSPEED」のつながりが聞き所の一つだったりもします。

Spotifyだと、ほとんど間がなく曲がつながっていくのですが、「The Diamond Four」のラストの、デコちゃん(百田夏菜子さん)の「ね」という一言から、「GODSPEED」の入りのつながりが、とても美しい。

ぜひ、聴いてみてください。

 

4.あんた飛ばしすぎ!!

去年の先行配信のときに聴いて、メンバーの名前と大雑把な特徴を覚えた曲です。

ももクロの自己紹介みたいな曲ですが、ぼくの短いモノノフ(ももクロのファン)歴の中では、ターニングポイントになった曲と言っても過言ではない。

やはり、モノノフになって、全員の名前とキャラクターを覚えた方が、聴いてても絶対楽しいです。

そして、ホワイトベレー(ももクロのファンクラブ会員)になって、公式グッズを買って、散財してみてくださいね。笑

ブレスレットとか、いろいろ良い品が揃っています。笑

ファンクラブに入るとき誰推しか訊かれるのですが、ぼくは黃推し(タマノフ)です。

この曲では、デコちゃんの滑舌のよさが際立っています。

これから入門する人には、最適の曲なんじゃないかと思います。

 

5.魂のたべもの

聴き込み方が足りないのか、正直まだピンときていません。

このアルバムには劇調の曲が何曲かあるのですが、その第一弾がこの曲なのかもしれません。

前回2016年に2枚のアルバムを同時リリースしてから、ももクロはミュージカルにも挑戦したりしているみたいなので、その顕れなのかなぁと思ったりもしています。

でも、いい曲だと思います。

 

6.Re:Story

今回のアルバムにはAバージョンとBバージョンとCバージョンがあって、Aバージョンはブルーレイ付き、BバージョンはボーナスCD付き、Cバージョンは通常版です。

ぼくはAバージョンとBバージョンを買ったのですが、Aバージョンのブルーレイには、ももクロが47都道府県をすべてまわる「青春」ツアーの最終公演、2018年東京中野サンプラザでのライブが収録されています。

その中で、この「Re:Story」は新曲として披露されています。

デコちゃんの紹介通り、「青春」をどことなく思い出させてくれる、淡い感じの曲です。

 

今回はこのあたりで中締めにしたいと思います。

3回に分けて、BバージョンのボーナスCDの曲もすべてレビュー(?)してみようと思うので、最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村