たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

妄想する脳 消化する身体 

何か買ってきても、どうも僕は消化しきれないことが多い。

食べるものに関しては大丈夫だったのだが、最近食べきれなくて残すことが多い。

年齢を重ねているのは内臓も同じことなのだ。

少しは身体をいたわらねばと思う。

 

そもそも消化しきれないのは、買った量が多い場合とうまく咀嚼できない場合がある。

現代人は何につけ必要以上にものを買うことを宿命づけられているから、消化不良に陥りやすい。

依存症とまでいかなくても、買いすぎによる慢性的な消化不良に悩まされている人は少なくないはずだ。

大量生産、大量消費ときたら大量摂取しなければならないはずだが、身体はそのような人間の都合にあわせてできていないから、大量に廃棄処分される。

先進国でゴミの山ができない国はないだろうと思う。

 

そんな中でもうまく自分と折り合いをつけている人はいる。

SNSなどで腹八分目な感じで生活している人を見かけると、偉いもんだと思う。

僕なんかは本やCDをつい買いすぎてしまう。

残念ながら旺盛な知識欲までは持ち合わせていないから、それらの多くは死蔵化される。

人生の有限性を理解しない僕でも、この本やCDを全て鑑賞するのは無理なことぐらいは理解しかけている。

 

自分の適正なサイズを知れたらなと思う。

でも自分のサイズってなんだろう?

いろいろ物差しはある。

でも物差しはできる限り客観的なものの方がいい。

たとえば時間とかだ。

そうしないと、自分というのはすぐに肥大化するからだ。

振り返れば、本棚にあふれるほど本があるではないか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村