読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

「十分間、時間を欲しいの」 村上春樹さんの読者を引きつけるテクニック(?)と読書スピード

十分間、時間を欲しいの。

失礼ですが、どちらにおかけですか?

あなたにかけているのよ。十分だけでいいから時間を欲しいの。そうすればお互いよくわかりあうことができるわ。
 
 
ねじまき鳥クロニクル』の冒頭のセリフを抜き出してみました。
謎めいたやり取りが印象的なシーンで、よくわからないうちに終わってしまうのですが、今回はこのシーンの隠された意図を推測してみようと思います。
どちらかというと実際的な意味になります。
 
十分間の意味するところは何なのでしょうか。
いろいろあると思いますが、冒頭のシーンであることを考えれば、読者の注意を引きつけて集中してもらうところのはずです。
読者は最初から集中するのはなかなか難しいですし、また一旦集中してしまえばその後は比較的楽に読み続けられるという側面もあるかと思います。
だとしたら、十分間、本を読んでもらえまいかということを、いたずら電話っぽくユーモアを交えて表現したのだと言えないでしょうか。
「十分間、時間を欲しいの」と。
 
脳科学には「やり始めなければ、やる気はでない」という作業興奮の説明があります。
十分間あれば、読書にも集中してくる頃だと思います。
ねじまき鳥クロニクル』が執筆された1980年代には、脳科学の作業興奮の説明はたぶんなかったと思いますが、村上春樹さんは自らの経験則から作業興奮を知っていたということかもしれません。
 
また、仮にこの説明が正しいとすると、村上春樹さんは自分の小説がどのくらいのスピードで読まれると計算しているかも推測することができます。
冒頭から一行スペースがとられる一区切りまで、平成9年版の文庫本で、およそ8ページなのですが、これがだいたい僕が十分間で読める量なのです。
およそ1ページにつき1分とちょっとという計算になります。
最初なので多少多めに時間をとってあったとして、もう、頭いいなぁと唸ってしまう他ありませんね。
 
 

 

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)