読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たー坊の日記

読むこと、聞くこと、書くこと、世界の探求

獣道

ようやく梅雨が明けそうになると、仕舞ってあったアサヒのクロスバイクを出してサイクリングに出かけた。

信販売で買った自転車で、整備にやや不安がある。

実際、前輪のブレーキを固定するねじの締め忘れがあって、ブレーキがぐらぐらしていた。

フレームの実物を見ずに注文したので、自分の身体に比べて少し大きい気がする。

タイヤはママチャリ並みに太いから、耐久性はあるかもしれないけど、スピードは出ない。

クロスバイクといえるか微妙だけど、ときどき街中を走るには充分だと思っている。

 

大きな街道は、連休中ということもあって自動車が多かった。

危険を避けるため、僕は袋川沿いのサイクリングロードを走った。

昔、散歩をしていて1メートル以上あるアオダイショウと出くわした道だ。

アオダイショウを見かけてから、僕はその道に寄りつかなくなったわけだけど、自転車なら大丈夫かなと思ったのだ。

 

これは不思議なことだけど、大人になってからの方が怖いものが増えた気がする。

蛇もそうだけど、蜂とか蛾の幼虫のような昆虫からも逃げ回っている。

それどころか、魚に触るのさえ億劫になった。

確かに蜂は危険といえば危険だし、蛾の幼虫はグロテスクである。

だけど、魚なんか子供の頃は手づかみで取っていたじゃないか思う。

 

大人になると想像力が働き出す。

海から引き上げられて水槽に入れられた松葉ガニと、正面からにらめっこしたことがあるが、その時、僕はいたたまれない気持ちになった。

高価という意味ではない。

この松葉ガニはいつでも水槽から引き上げられうるし、半ば死んでいるようなものなのだけど、松葉ガニはその事を知っているのだろうかと思った。

 

あるいは、松葉ガニを水槽から引き出して、水から引き離すところを想像した。

こいつは息ができなくて苦しいに違いない。

僕は息ができなくて死にかけたことはないけど、それがどれほど苦しいかを想像して、時々やりきれない気持ちになる。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村